top of page

Nacsportボタンテンプレート

(※補足:Nacsportでは、ボタンテンプレートでボタンを作成し、後からボタンを通して映像にタグ付け、データ収集します)

このページではNacsportのボタンテンプレートに関する情報を掲載しています。ボタンテンプレートの作成は、分析の基礎であり、良いテンプレートを作成することがスポーツ分析の成功への第一歩です。Nacsportの柔軟性と豊富な機能は、アナリストやコーチにとって非常に強力なツールとなっています。


この情報を活用することで、映像分析のプロセスを効果的に管理し、より良い知識を得ることができます。また、Nacsportコミュニティ内で情報を共有し、他のユーザーとアイデアを交換することで、分析の品質と効果を向上させることが可能です。


映像分析はスポーツコーチングやパフォーマンス向上において不可欠なツールの1つとなっており、Nacsportはその道具として非常に価値のある存在です。この情報を通じて、Nacsportをより効果的に活用し、スポーツ分野での成功に貢献できることを願っています。

では、始めていきましょう!


目次

 

Q:ボタンテンプレートとは何ですか?

ボタンテンプレートは映像分析の中で非常に重要な要素であり、タグ付けやデータ収集のために欠かせません。これは、スポーツの試合や練習の映像を効果的に分析し、よりよい戦術を得るための基盤となります。


ボタンテンプレートでは、特定のアクションやイベントに対してタグを付けることができます。これにより、選手の動き、チームの戦術、プレーの成功や失敗など、さまざまな情報を記録し、後で詳細な分析を行うためのデータベースを構築できます。


例として、サッカーの試合を考えてみましょう。ボタンテンプレートに、「ゴール」「パス」「シュート」「ディフェンス」などのボタンを用意します。コーチやアナリストは試合を観察し、特定の瞬間に対応するボタンをクリックして、そのアクションをタグ付けしていきます。特定の選手がゴールを決めた場合、それを記録するために「ゴール」ボタンを押して記録していきます。


これにより、試合全体のデータベースが構築され、コーチやアナリストは後で特定のプレーを見返しやすくなり、戦術的な強化点や改善点を発見するのに役立ちます。ボタンテンプレートは、映像分析の基礎であり、スポーツチームの成功に貢献する鍵となります。

カテゴリーボタン

カテゴリーボタンは、映像分析の中で特定のアクションやイベントをタグ付けするために使用します。サッカーの試合を分析する場合、「ゴール」「スルーパス」「ペナルティ」などの主要なアクションをカテゴリーボタンに設定できます。

これらのカテゴリーボタンをクリックすると、映像の該当部分にタグが付けられ、基本的には10秒前後の短いクリップが自動生成されます。これにより、特定のプレーが容易に検索できるようになり、詳細な分析に役立ちます。

ディスクリプターボタン

ディスクリプターボタンは、アクションを詳細を説明するボタンで、通常赤い点がついているのが特徴です。このボタンは、カテゴリーボタンと組み合わせて使用します。アクションがどのように行われたのかをより具体的に記述するのに役立ちます。

サッカーの場合、カテゴリーボタンとして「ゴール」を選択した場合、ディスクリプターボタンを使用してゴールがどのように実現されたかを説明できます。シュートが直接ゴールに入ったのか、ヘディングでゴールが決まったのか、フォローアップシュートからのゴールか、その他の方法でゴールが決まったかなど、具体的な情報を説明します。

このように、ディスクリプターボタンはアクションの詳細情報をキャプチャし、それを後で分析に使用するのに役立ちます。

ディスクリプターボタンとは、カテゴリーボタンと組み合わせて、特定のアクションがどのように発生したのかを詳しく記録し、詳細なデータを構築するものです。



グラフィックディスクリプター

フィールドの写真をグラフィックディスクリプターとして使用するのは、アクションがフィールド上のどの位置で発生したかを正確に記録し、後で分析に役立てるために効果的な方法です。試合でのプレーヤーの動きやアクションのパターンを詳細に把握し、さまざまなビジュアル化ツールを使用してデータを視覚的に表現できます。

このデータを使用して作成できる主なビジュアル化ツールには、以下のようなものがあります:

  1. ヒートマップ: フィールド上でのアクションの密度を示すために使用されます。どのエリアでプレーヤーが最も活動しているかを示すことができます。例:どのエリアで最もゴールが決まるかを特定するのに役立ちます。

  2. ムーブメントマップ: プレーヤーの動きを示すために使用されます。特定のプレーヤーがどのようにフィールド上を移動し、プレーに参加しているかを追跡できます。これはプレーヤーのポジショニングと戦術的なプレーに関する情報を割り出せます。

  3. プレーの可視化: フィールド上のアクションをビデオと連動させて表示し、特定のプレーがどのように展開したかを可視化することができます。プレーの成功や失敗、特定のプレーヤー間の相互作用などを視覚的に追跡できます。


詳しくは記事の後半で説明します。


ボタンはいくつ作成できますか?

作成できるボタンの数は、使用しているNacsportプログラムによって異なります:


Basic:最大25個(カテゴリーのみ)

Basic+: 最大50個

Scout /Pro /Elite:無制限

Basicをご利用の方で、ディスクリプターボタンの少なさに限界を感じている方は、差額をお支払いいただくだけで他のプランに移行できるアップグレードサービスがございます。

詳しくはこちらのページよりお問い合わせください。



初めてのボタンテンプレート作成

ボタンテンプレートの作成は、映像分析の基本的なステップであり、正確なデータ収集の基盤を築く重要なプロセスです。ヒントやアドバイスを活用しながら、ボタンテンプレートを効果的に作成することができます。紙とペンを使って計画を立てることから始め、適切なカテゴリーボタンとディスクリプターボタンを設定していきましょう。


ボタンテンプレートの作成に関する記事(ボタンテンプレートを作成するための10のヒント)もご参考ください。


Nacsportのチュートリアルやトレーニングビデオを活用することもおすすめです。ソフトウェアの使い方やボタンテンプレートの作成方法について学びながら、スキルを向上させましょう。以下、参考映像になります。






ボタンテンプレートに必ず必要なもの

映像分析の成功には計画と戦略が不可欠です。Nacsportは非常に自由度が高いカスタマイズツールであるため、ボタンテンプレートを作成する前にしっかりと計画を立てることが重要です。

以下、ボタンテンプレートを設計する際に考慮すべきいくつかのステップです:

  1. ニーズの評価: チームやコーチングスタッフと協力して、どのようなデータが必要かを検討しましょう。特定のアクションや状況に焦点を当てる必要があるか、特定のプレーヤーのパフォーマンスをトラッキングする必要があるかなど、ニーズに合わせて計画を立てます。

  2. ブレインストーミング: ボタンテンプレートに含めるべきカテゴリーやディスクリプターについてブレインストーミングを行います。紙とペンを使ってアイデアを書き出し、可能な限りリストを作成します。

  3. カテゴリーとディスクリプターの組み合わせ: カテゴリーボタンとディスクリプターボタンの組み合わせを考えましょう。どのアクションにどのような説明を付けるかを検討します。例えば、「シュート」(カテゴリー)に対して「成功」や「失敗」(ディスクリプター)を設定することができます。

  4. 映像分析の目的: 映像分析の目的を明確にしましょう。どのような情報を収集し、どのようにそれを活用するかを理解しておくことは重要です。例えば、試合の戦術改善、個別選手のトレーニング、対戦相手の分析など、目的に合ったテンプレートを作成します。

  5. カスタマイズと調整: テンプレートを作成したら、実際の使用に合わせて調整しましょう。必要に応じて新しいカテゴリーやディスクリプターを追加し、既存のものを編集します。

  6. トレーニングと評価: チームメンバーやアナリストがテンプレートを使用する方法についてトレーニングし、テンプレートが目的に適しているかどうかを定期的に見直しましょう。必要に応じて改善を行います。

計画を立て、カスタマイズされたボタンテンプレートを作成することで、ビデオ分析の効果を最大限に引き出すことができます。そして、チームの戦術改善や選手の成長に貢献できるでしょう。


具体的なアイデアに関しては以下の記事「ボタンテンプレートに関する16のアイデア」をご参考ください。


高度なボタンテンプレートツール

ボタンテンプレートのより高度な機能を紹介します。具体的には、グラフィックディスクリプター、クラスターボタン、パネルフローです。

これらの機能を使用することで、映像分析の精度が向上し、より詳細な情報を収集できるようになります。ただし、これらの機能は一般的にハイスペックバージョンで提供されているため、バージョンによっては利用できない場合があります。特にScoutやPro、Eliteなどのハイスペックバージョンでは、高度な分析に必要なツールが提供されています。

グラフィックディスクリプター

それぞれのバージョンにおける機能の違いを把握することで、適切なバージョンを選択し、特定のニーズに合わせた映像分析を行うことができます。

  • Scout: 比較的基本的な機能を提供します。XYデータの収集とタイムライン上での2つのシェイプの作成が可能です。基本的な分析のスタートに適しています。

  • Pro: XYデータの収集と座標のリンクが提供され、データのエクスポートも可能です。より高度なデータ分析を行うためのツールが利用できます。

  • Elite: 最も高度な機能を提供します。データの収集、ヒートマップや移動マップの作成、占有表面積など、詳細なデータ分析が可能です。このバージョンは、高度な戦術やプレーの解析を行いたい場合に最適です。

グラフィックディスクリプターを使用することで、特定のアクションやプレーがフィールド上のどの位置で起こったかを正確に収集でき、より詳細なデータを得ることができます。これらのツールは、チームの強化や戦術的な改善に役立ちます。


使用方法は以下の映像より確認ください。



ヒートマップの使用方法は以下の映像より確認ください。




クラスターボタン

クラスターボタンは、ProとEliteのNacsportバージョンで利用可能な便利な機能です。これは、ボタンテンプレートの整理と、データの分類をより効率的に行うために使用できます。基本的に、複数のボタンを組み合わせて、それらに関連するカテゴリーと説明タグを一度に追加できる方法を提供します。


これは、繁忙な分析者にとって非常に有用です。例えば、特定のプレーが複数のカテゴリーや説明子に関連している場合、それらを手動で一つずつ追加するのではなく、クラスターボタンを使用して一度に追加できます。これにより、時間を節約しながら、データの整理と分類をスムーズに行うことができます。この機能は、分析の効率性を向上させ、より正確なデータを収集するのに役立ちます。

このツールの詳細については、以下のビデオをご覧ください:


パネルフロー

Nacsportのパネルフロー機能は、ProとEliteのバージョンで利用可能で、高度な整理と分析を行うための強力なツールの一つです。この機能を使用すると、ボタンテンプレート内のボタンが互いに接続されたシーケンスを作成できます。

具体的には、最初のパネルでカテゴリーボタンを押すと、それに関連するディスクリプターボタンが配置された別のパネルに自動的に移動します。これにより、分析者はアクションの詳細を記録し、整理するのに便利です。特に複雑なアクションやプレーの詳細な分析が必要な場合、パネルフロー機能は非常に役立つツールとなります。

Eliteバージョンでは、パネル数に制限がないため、非常に詳細なフローを作成できます。これにより、さまざまな側面からアクションを詳細に分析することが可能となり、より深い洞察を得ることができます。

このツールの詳細については、以下のビデオをご覧ください:



自動リストと自動プレゼンテーション

ProとEliteバージョンのNacsportには、非常に便利な自動リストと自動プレゼンテーション機能が含まれています。これらの機能を活用することで、アナリストは時間を節約し、分析プロセスを効率的に行うことができます。

自動リスト機能を使用すると、特定のボタンに割り当てたアクションが自動的にリストに追加されます。これにより、タグ付けされたアクションをすばやく整理し、特定のカテゴリーやプレーヤーのアクションにアクセスできます。

また、自動プレゼンテーション機能を使用すると、タグ付けされたアクションとその結果のビデオクリップが自動的にプレゼンテーションに追加されます。これにより、分析データを瞬時にプレゼンテーションに組み込むことができ、コーチやチームに伝えるのに役立ちます。

これらの機能は、時間を節約しながら高品質な分析とプレゼンテーションを行うので、特に多忙なアナリストにとって非常に有用です。

このツールの詳細については、以下のビデオをご覧ください:


マルチアクティベーション/ディアクティベーション・リンク Nacsport Eliteバージョンのマルチアクティベーション/ディアクティベーション・リンク機能は、特にサッカーのようなスポーツにおいてゴールとシュートのタグ付けを効率化します。

通常、ゴールとシュートを別々のカテゴリーとしてタグ付けする場合、2回のクリックが必要です。しかし、マルチアクティベーション/ディアクティベーション・リンクを使用すると、ゴールとシュートをリンクさせることができ、1回のクリックで両方のアクションが登録されます。これにより、効率が向上し、アナリストはより迅速にデータを収集できます。

さらに、カテゴリーとディスクリプターをリンクさせることもできます。たとえば、ゴールが常にポジティブなアクションである場合、ゴールカテゴリーとポジティブなディスクリプターをリンクさせることで、ゴールが記録されたときに自動的にポジティブな属性が適用されるようになります。これにより、データの整理と分析がさらに効率的に行えます。

マルチアクティベーション/ディアクティベーション・リンクは、分析プロセスを簡素化し、アナリストがより効率的に作業できるようにするための強力なツールの一つです。

このツールの詳細については、以下のビデオをご覧ください:





ボタンテンプレートの良い例

他のユーザーがどのようにテンプレートをデザインしているかを見ることで、自分のプロジェクトに適したボタンテンプレートのアイデアを得ることができます。ソーシャルメディアチャンネルで共有されるボタンテンプレートの例をチェックすることで、新たなアプローチやクリエイティブなアイデアを発見し、自分の分析プロセスをさらに向上させることができるでしょう。他のユーザーの作品から学び、それを元に自分のテンプレートをカスタマイズしましょう!

サッカー


このテンプレートはサッカーの試合全体を包括的に分析するのに役立つ例です。六角形のボタンには各カテゴリーが含まれており、それによってさまざまなアクションをタグ付けできます。また、個別の選手のボタンも用意されているため、特定のプレイヤーの行動を追跡し、個別のデータを収集できます。

このテンプレートの特徴の一つは、顔写真を用いて選手ボタンを個性的にカスタマイズできる点です。これにより、分析を行う際に特定の選手に焦点を当てたり、選手ごとのデータを収集するのに便利です。個性的な要素を加えることで、チームメンバーがテンプレートをより使いやすく感じるかもしれません。


バスケットボール


このバスケットボールのテンプレートは、中央に配置されたグラフィックディスクリプターが、アクションの内容を視覚的に示し、それをタグ付けするためのボタンが周囲に配置されています。各選手ごとに個別の説明文を持つボタンが、選手ごとの行動を追跡し、データを収集するのに役立ちます。

また、クォーターごとに自動ディスクリプターが含まれていることで、試合の進行状況を容易に把握し、試合の各フェーズに関するデータを収集できます。バスケットボールの試合分析において非常に便利な機能です。

ラグビー


このラグビーのテンプレートは、共通のカテゴリーと各チームメンバーの個別ボタンを備えており、データの整理と詳細な分析が可能です。

中央のグラフィックディスクリプターは、XY座標データを追加するための機能です。これにより、ラグビーの試合でのアクションの正確な位置を示すことができ、プレイのパターンやトレンドを分析するのに役立ちます。ラグビーの試合分析において、戦術的な洞察を得るのに役立ちます。

アイスホッケー


このアイスホッケーのボタンテンプレートは、アイスホッケーの試合を包括的に分析するために設計されました。一般的なアイスホッケーのプレーのカテゴリー、各選手のボタン、試合期間ごとの自動ディスクリプターが含まれており、アイスホッケーの試合におけるさまざまなプレーとアクションを詳細に追跡できます。

このテンプレートを使用することで、アイスホッケーの試合を効果的に分析し、チームの戦術やプレースタイルに関する貴重な情報を収集できます。アイスホッケーのコーチやアナリストにとって、データ収集をサポートする強力なツールとなります。


最後に

ボタンテンプレートの作成と使用は、映像分析の要であり、コーチやアナリストにとって非常に役立つ情報です。この記事は、ボタンテンプレートの作成から高度な機能の活用まで、包括的なガイドとして皆様をを導きます。

Nacsportを使用してスポーツ分析を行う皆様にとって、このリソースが役立つことを願っています。さまざまなスポーツや分析のニーズに合わせてボタンテンプレートをカスタマイズし、データ収集やチームの向上に貢献しましょう!


 


原文作者:Duncan Ritchie

閲覧数:4回0件のコメント
bottom of page