グレード比較第2弾!Basic+ vs Scout+

更新日:2020年9月1日

Nacsportのグレード比較シリーズ第2弾へようこそ!

このシリーズは、皆様の多くの方が一度は感じたことのある疑問


「グレード毎に、どんな違いがあるのだろうか?」


にお答えするための記事になっています!

Nacsportに限らず、多くの映像分析ソフトは豊富な機能を持っています。ただそれは、時に私たちの理解を必要以上に難しくすることがあり、特に初めて分析を始めようと考えている人にとっては、ハードルに感じることもあるでしょう。

このシリーズの目的は、Nacsportの中の機能や用語を出来るだけわかりやすく説明・整理し、ユーザーの方、あるいはこれからユーザーになりたいと考えている方に、十分な情報と理解を提供することにあります。


情報提供を通じて、皆様がより自分に合った製品を選べるようサポートしたいという想いがあります。

第2回の今回は、Basic+とScout+の違いを見ていきます。


Scout+は、Basic+が持つ全ての機能に加えて、より便利になる新機能が追加されています。


第1回のBasic vs Basic+が気になる方は、こちらのリンクからをご覧ください。

前回と同様に、分析の4つのSTEP(準備→観察・採点→分析→共有・フィードバック)に沿って、機能を1つずつ見ていきます。具体的には、次のような流れです。


STEP1:準備

■レジスタのためのボタン機能

・作成可能なボタン数

・グラフィックディスクリプター

STEP2:観察・採点

■レジスタ作業の方法

・ビデオソースなしのレジスタ

・Play by playウィンドウ


STEP3:分析

■タイムライン

・5つのデータの同時に分析

■データマトリックス

・5つのデータの同時に分析