top of page

選手間の繋がりをスカウティング: 選手間の化学反応を解き明かす

どのコーチも相性の重要性を知っています。選手が互いを補い合い、ゲームのどの部分でチームのベストを引き出せるかを知ることが大切です。

例えば、バスケットボールのスカウティングに携わるコーチングスタッフは、選手間の化学反応がシーズン中のチームのパフォーマンスを決定付ける要因になることを知っています。

長年にわたり、Nacsportのツールの大半は、ユーザーとの協議の末に開発されてきました。化学反応の重要性は、ユーザーとの協議の中でしばしば取り上げられ、その結果Player Connectionsというツールが誕生しました。

Player Connectionsは、Nacsport Pro(機能制限ver.)とElite(フルver.)用のNacsport v5.0でリリースされています。当初はバスケットボールのためのツールとして考案されましたが、実際には他のスポーツにも簡単に適用できます。

では、本題に入りましょう。

スカウティングと映像分析作業にはどんな利点があるのか

映像分析に加えて、エクセルのスプレッドシートはあらゆるアナリストが選択するツールの一つでした。

Player Connectionsは、スプレッドシートで行ってきた作業を強化・補完するもので、チーム内のさまざまな選手の組み合わせを含むアクションに対して、すぐにアクセスすることができます。



バスケットボールで例えると、どの5人が最も相性が良いのか自動的にわかります。どのクインテットが最も多くのリバウンドを取り、最も多くのスリーポイントを決め、最も多くのピック&ロールプレーを成功させたか。分析の際には、行動だけでなく、その時コートにいた選手も記録します。

お互いを最もよく理解するプレーヤー、ディフェンスで優位に立つプレーヤー、オフェンスで最高のコンビネーションを発揮するプレーヤー、どの5人が最も試合に勝てるプレーヤーなのか、より鮮明に見えてくるでしょう。

これらのデータはすべて、Nacsportで2、3回クリックするだけで、チームのデータとして蓄積されます。

サブグループ スカウティングプロセスの自動化

Nacsport Eliteユーザーはタイムラインの選手コネクションウィンドウ内にサブグループを作成することができます。これにより、選手間の行動を自動化して保存することができ、選手間の相性を明確に把握することができます。

例えば、ポイントガードと先発センターの関係を示すサブグループを作成することもできます。このサブグループを作成することで、これらすべての情報をクリックするだけで入手できるようになります。


撮影したビデオを、人目を引くプレゼンテーションに簡単に変身させることができます。このツールは膨大な情報源であるだけでなく、編集時間を削減し、フィールドワークの時間を増やしてくれます。

他のスポーツにおける選手のつながり

この記事では、このツールの原点であるバスケットボールのコートに焦点を当てた。しかし実は、同じ原理はどんなチームスポーツにも応用できる。

「サッカー」で2人のストライカーがお互いを補い合う詳細な情報を持っていることを想像してみてください。「ホッケー」はどうでしょう?どの選手がペナルティーコーナーのディフェンスに最適かを簡単に発見できます。「ラグビー」「ハンドボール」「水球」同じ原則が当てはまります。

サッカーへの応用

このツールをサッカーにどのように応用できるか考えてみよう。

例えば、ペナルティーエリア内でウイングとセンターフォワードがどれだけ上手くパスを繋げているかチェックできる。あるいは、中盤からのスルーパスによってストライカーのアクションがどう変わるか。ディフェンスでは、ゴールキーパーとセンターバックの相互作用や、チーム戦術によって反撃が成功するかどうかが確認できる。

このツールを使えば、相性を簡単に見抜くことができ、客観的な情報源を得ることができる。対戦相手のスカウティングでPlayer Connectionsを使えば、相手チームの相性に関する貴重な情報を得ることができ、それに対抗する戦術を立てるのに役立ちます。


正直なところ、このツールが他のスポーツでどのように使えるか、例を挙げればきりがないです。

プレイヤー・コネクションやその応用についてご質問がありましたら、Nacsportまでお気軽にお問い合わせください

Nacsport製品の30日間無料トライアルも可能です!いつでも喜んでお手伝いいたします!



原文作者:Duncan Ritchie


閲覧数:1回0件のコメント
bottom of page