• Daisuke Matsuura

Nacsport アナリストスポットライト#12 USA代表ハンドボールヘッドコーチ&国際ハンドボール連盟-IHF講師 ジュリオ・セインツ氏

最終更新: 5月22日



本日はハンドボールコーチジュリオ・サインツ氏(以後サインツ氏)にインタビューを行いました!!


サインツ氏は世界で最も経験豊富なハンドボールコーチの一人です。


サインツ氏は、アメリカ代表男子チーム、アメリカ代表女子チームまた、プエルトリコ、コロンビア、コスタリカ、アメリカンサモアでもコーチとして活躍してきました。


今回、我々はサインツ氏のコーチとしてのお仕事と・・・

そこでは、どのようにnacsportを使ってくださっているのかについてインタビューをしてきました。




インタビューは以下





Nacsportはどのように知りましたか?


Nacsportを知ったのは、ペルーのリマで開催されたパンアムゲームのときだ。


アメリカ在住のアーカ氏から、Instagramを通じて教えてもらったんだ。





以前に他のソフトウェアを

使用していましたか?


Nacsportに切り替える前は、6年ほど他社の製品を使用していたよ。





チームでNacsportを

使用しているのは、

主にどのカテゴリーですか?


現在、男子ジュニア代表チームのみが使用しています。





毎週どのくらいの

ゲームを分析しますか?


それは、私たちが参加するトーナメントの試合数によりますが、平均して週1〜2ゲーム、多いときだと週6〜7ゲーム分析をしているよ。





Nacsportで分析する際、

どのように活用していますか?


分析をするときは通常、攻撃、防御、攻守の切り替え、カウンターアタックや、プレーの各場面を見ているよ。


基本的には、試合中のあらゆる場面に関して、Nacsportを使って動きを分析し、技術面、戦術面の両観点に基づいて各クリップを作成しているんだ。





リアルタイムで

作業はしていますか?


はい。 Nacsportの中でもお気に入りの機能だな。

この機能が将来的にどのように進化していくのかとても楽しみにしているよ。





分析チームとしては、

どのように活動されていますか?


現時点では、私たちは3人で活動している。

私たちはそれぞれ違った視点を持ってゲームを分析している。





選手の他に、

コーチや

チームマネージャーも

サインツ氏の分析内容を

利用していますか?


はい。 私たちの分析内容はアメリカハンドボールチームの全員と共有されるよ。


また、その他にも、私たちの分析が国際ハンドボール連盟でコーチングおよび方法論について講義の際にも使われることがあるんだ。





分析する時は

ゲームのどの部分に

焦点を当てていますか?


自チームと相手チームの両方の戦い方を調べてタグ付けしているよ。





選手やコーチは

分析チームの仕事を

どう感じていますか?


彼らは分析内容にとても納得してくれているよ!

分析は、トーナメントおよびシーズン中は必須な事だとチームは思ってくれていると思う。





分析やプレゼンテーションで

他のツールを

使用していますか?

(KlipDraw、Tag&view、Sharimgなど※)


現時点ではないな・・


しかし、KlipDrawは将来的に使ってみたいと考えているよ

※以下本社による紹介動画(英語版) KlipDraw:https://youtu.be/mLiN3CoW5Ic Tag&view:https://youtu.be/sve-97fShc8 Sharimg :https://youtu.be/lBa_DiLVbL0





インタビューは以上




いかがでしたか?


Nacsportは世界中で使われるようになってきており、日本でも、少しずつご利用者が増えてきています。


多くのインタビューで挙がるNacsportの良い点として分析のための機能性の高さ。


そして、低コスト!!だという事です。


チームで購入するものから、個人でも購入できるものまでも用意しております。



株式会社ジェイ・エス スポーツ事業部 〒154-0011 東京都世田谷区上馬4-2-5  電話:03-5432-6262 support@nacsport.jp