アナリストスポットライト#8 「ライフスキルを教える」ミーズ・ソーク氏(ホッケー)

更新日:2020年8月24日




『地域に愛されるクラブ』


本日は、オランダホッケークラブのアナリストに密着していきたいと思います。


オランダの【カルトゥーシュホッケークラブ】はプロクラブとして立ち上げられました。クラブには、男性と女性チームは国内の地域リーグに所属しています。また、ハーグに近いライツェンダムをホームタウンとし、地元コミュニティと強いつながりを持っているのです。


そのつながりの裏には、クラブチームのアナリスト・ミーズ・ソーク氏(以後ソーク氏)がシニア女子チームと、さまざまな青少年育成プログラムに力を注いでいるとういう背景があります。


彼はNacsportを使用して若いプレイヤー育成に力を注ぎ、若い選手に分析的な思考を通して貴重な人生の教訓を教えています。

それでは、素晴らしい活動をしているソーク氏に迫ってみましょう!!!




『Nacsportをいつ、どのように発見しましたか?』


『以前のソフトウェアは?』


2014年に、iMovieやLongoMatchの無料版などのプログラムを使用して、ビデオ分析を開始したんだ。


そして、2015年にNacsportのカルロ氏がホッケークラブに・・・


それが、Nacsportを使い始めたきっかけだ。




『クラブのどの選手層がNacsportを使用していますか?』


女性のトップチームと女子ユースチームの両方がNacsportを使用しているんだ。


男子ユースチームでは、経験豊富なコーチと経験の浅いコーチとが協力して、分析を行っているよ。


我々のユースチームには、12のチームが、Nacsportにアクセスできるよ。


毎週、少なくとも4チームがNacsportを使用しているよ。


すべてのコーチと選手は私たちの分析にアクセスできるようにしているよ。 そして、それらに選手に、より良く思ってもらっているいるよ。


これらレポートから生まれるものは、チームによって異なります。


U12のような若いチームは、テクニック的なフィードバックや意思決定スキル開発、自己制御力発達のために使用しているよ。


私たちは、ユースチームのコーチに、【ビデオ分析の使用し選手たちのアイデアを引き出す】ように促しているよ。


彼らに短いクリップを見せ、何が見えるかを尋ねて、そこから選手自身のアイデアを引き出したりしている。


一方、女性チームには、勝つことに焦点を当てているため、さらに深く分析をしているよ。


対戦相手の長所と短所、選手の効率など、より深く掘り下げて分析している。




『毎週いくつのゲームを分析していますか?』


個人的には、週に約2ゲームかな・・・




『あなたの分析について教えていただけますか?』


繰り返しますが、分析の対象となるチームによって分析方は異なります。


しかし、本質的な事は、決して変わらず、統計とデータを作成し、どこを改善する

必要があるか、どのように進歩しているかを観察している。


私たちは、毎週異なる課題に取り組んでいるよ。


そのため、可能な場合は同時にそれら課題に関するフィードバックもしている。


たとえば、ベースラインプレイ、1v1、防御システムなど・・・




『リアルタイムで作業をしますか?』


『もしそうなら、あなたはどんな情報を共有していますか?』


女性のトップチームではNacsport Coach Stationを使用して、試合中に分析データを共有しているよ。


ペナルティコーナー、サークルエントリー、25ヤードエントリー、ショット精度などに関する統計データを共有しているんだ。


コーチたちとは、ゲーム中に独自の電話回線を使用し、連絡をとっているよ。


時に彼らは、それらを使って、ゲーム内の特定の分析情報を求めてくることがあるんだ。


Coach Stationを使用すると、試合中に、選手たちはクリップを観て、レビューすることができる。


特に、ペナルティコーナーのレビューや、得点機会がどこから生まれるのかを特定するのに役立っているよ。






『分析をする時は、何人の仲間と行いますか?』


女性のシニアチームには、ビデオ分析は、3人で取り組んでいる。


ゲーム中にリアルタイムでコーディングを行っているんだ。


その後、ヘッドコーチがチームと共有するクリップを決定し、Sharimgにアップロードしている。


同時に、次の対戦相手の分析もアップロードするため、選手たちは、いつも、2つのレポートを同時にアクセスできているよ。




『映像はどのように使われていますか?』

『コーチやチームマネージャーはあなたのプレゼンテーションを使用しますか?』


ヘッドコーチとアシスタントコーチは私たちの分析からSharimgに映像クリップをアップロードしていたが、現在は、新しいマトリックス機能を使用する傾向があるよ。


彼らは水曜日にチームとビデオセッションを行い、チームの課題について話し合う。


日曜日には、彼らが一週間を通して議論したこと(チームの課題)の簡単なレビューを行うんだ。


しかし、ユースチームに対しては、少し違っている。


ビデオをチームに送信し、フィールド上で、それらについて、議論してもらっている。


また、試合の日には、私たちは数人のプレーヤーに、彼らが受け取ったビデオを使って、彼らの考えについてプレゼンテーションをするように頼むんだ。