アナリスト・スポットライト#4 レアル・サラゴサ  アレックス・ソサ・オテゴ氏(サッカー)

更新日:2020年8月25日



今回は、世界でも有数の人気を誇るスペインのサッカーリーグ「リーガ・エスパニョーラ」に所属する" レアル・サラゴサ ”のトップアナリストアレックス・ソサ・オテゴ氏(以後オテゴ氏) のインタビューをお届けします。


実は、このレアル・サラゴサ...、日本とも大きな関わりがあるのです!


日本代表として活躍し、海外ではドイツ、ドルトムントでのブンデスリーガ制覇。そして、年間ベストイレブンにも輝いたことのある、あの【香川真司】選手が現在所属しているのが、このレアル・サラゴサなのです!


そんなトップチームのアナリストであるオテゴ氏がチームの一員としてのアナリスト業務を中心にインタビューに答えてくださっています!


分析がどのようにチームに貢献しているか分析内容をどのようにトレーニングに反映させているかについてもお話しいただいておりアナリストのみならず、一般のコーチの方の分析的な視点にもヒントになるかもしれません!


そんなオテゴ氏のインタビューをぜひ最後までお読みください!!


レアル・サラゴサの1stチームアナリスト・オテゴ氏に彼のキャリアの中でどのようにスキルを磨きあげたか、そしてこれからのサッカー界での分析面の展望について話して頂きました。




『アナリストになって何年目になりますか?』


アナリストとしての活動は4年以上になる。早い段階でNacsportを使い始めたよ。




『 Nacsportとの出会いはなんでしたか?』


トップチームに関わる前から、次の対戦相手のスカウティングや、自チームの強みと弱みを分析したビデオを作成することが、私の仕事だった。

かつては、iMovieを使っていてたけど、それでは必要な分析をするのに莫大な時間と労力がかかっていたんだ。

また、分析作業のためには、機能的にも明らかに不十分な所があって、手作業で行う作業も少なくなかったんだよ。

トップチームに異動になった時、分析レポートの質を向上させてくれるツールを導入しようと決意した。


そのときに、何人かの友人がNacsportを紹介してくれて、まずはNacsport Basic(※1)を導入することにしたんだ。

1年間活用して、個人的に契約を更新しようと考えていたときに、チームがNacsport Elite(※2)を準備してくれて、そこからNacsport Eliteを使い始めたんだ。


格段に増えた機能を色々試していきながら、自分の分析やレポート作成のスキルを磨いていったよ。

※1

Nacsport Basic : 5段階あるライセンスの中で1番下のグレード。これのみ年間

※2

ライセンス制(初年度32,000円,2年目以降9,500円) Nacsport Elite:5段階の中で1番上のグレード。ライフライセンス。




『通常業務の中では、どのような流れで分析作業を行っていますか?』

1週間に3-4試合を分析する。ただ、どこまで深堀りするかはその時々だね。

トップチームのために、特定のエリアを撮影しているタクティカルカメラの映像をモニターに出力して、分析作業を行う。その映像から、1つのレポートを作るんだ。

次に、コーチングアシスタント達と連携を取りながら、重要度の低いものを省いて行く


チーム全員に共有する前に、一度この作業を行うんだ。

私達のレベルアップと、次の対戦相手の準備のために分析をしたら、その内容を元に、

攻撃と守備の両局面において、選手たちとグラウンド上でシミュレーションしていくんだ。

対戦相手に強み・弱みに応じたトレーニングをするときに、Nacsportは本当に価値の高い働きをしてくれているよ。




『今後どのように発展してほしいと思いますか?』