アナリストスポットライト#11 「実験室コーチ」ジャビア・ビラプラナ氏(バスケットボール)

更新日:2020年8月24日




アナリストスポットライトは・・・・・

バレンシアバスケットクラブのアナリストジャビア・ビラプラナ氏(以後ビラプラナ氏)です!!


バレンシアバスケットクラブは、2018シーズンユーロカップチャンピオンに輝き、2019シーズンユーロリーグにおいても有望なチームの1つです。(インタビュー時の記事)


トーナメントのオープニングマッチの前夜、バレンシアのアシスタントコーチであるビラプラナ氏からお話をうかがいました。




『Nacsportをどうやって知ったのですか?』


『また、いつから使い始めましたか?』


バレンシアジュニアチームのアシスタントコーチをしていた頃に NacSportを知ったんだ。


実際に使い始めたのは、トップチームのコーチになってからだよ。




『クラブでは、どのカテゴリーがNacsportを使っていますか?』


今のところ、トップチームのみ使用しているよ。





『1週間に何試合分析しますか?』


シーズン中は、1週間に約10ゲームほどかな。




『Nacsportをどのように活用していますか?』


私の仕事は、対戦相手の分析に全力を尽くすことだ




『具体的な仕事の流れを教えてください』


具体的な内容としては、対戦相手の長所と短所、攻撃戦術や守備戦術等について分析するんだ。


Nacsportで収集した全てのデータをExcelで集計し、計算処理をして、統計レポートを作成しているよ。


また、分析したデータを使って2段階のレポートを作成しているんだ。


最初のレポートでは、分析に使った映像クリップをレポートにし、【ヘッドコーチと共有】する。2つ目の段階で、次の試合に向けて、【より細かなデータレポートを作成し提出】するんだ。




『試合中にリアルタイムで分析をしていますか?』


今はしていない。

現在検討中で、取り組みたいとは考えているよ!!




『分析担当のコーチは何名いますか?』


私たちのチームには3人の分析担当のコーチがいるよ。




『チームの一員としての仕事は、どのようなものですか?』


私たちの仕事は、日々分析データを作成することでデータが出来たら、これらデータを使って3人で話し合うんだ。


話し合いの中で、どの情報をチームに提出するかを決めるんだ。




『Nacsportをどのように活用されていますか?』


『また、チームはそのデータをどのくらい活用していますか?』


次のゲームに向けての準備の多くは、分析レポートを基にしていて、そのレポート作成の際にNacsportを使っているよ。



分析したデータには全員がアクセス可能で、コーチやチームマネージャーが行うプレゼンテーションにはそこにあるデータが多く使われているよ。




『自チームを分析するとき、何に焦点を当てて分析をしますか?』


特定の点のみに絞ることはあまりなく、ゲームのあらゆる場面にタグを付け、分析しているよ。


私は「発生するあらゆる現象には意味がある」と考えているんだ。


この視点は、試合後のミーティングにおいても非常に重要になってくる。


もちろん、チームミーティングで提出しないデータもあるんだけどね。





『チームからどんなことを求められていますか?』


私たちは分析をする時に、可能な限り科学的かつ客観的になるよう努めている。

ビデオで証明できるデータのみを渡すようにしている。




『アナリストとしてゴールは達成できていますか?』


Nacsportのおかげで私たちの働き方は非常に効果的になったよ。


それでもなお、より効率的に分析するために新しい方法はないか、今も試行錯誤しているよ。




『選手やコーチからの分析に対する印象はいかがですか?』


映像は嘘をつかない!!


「映像で見えるものは、全て実際に起こったことです。」


これは、各選手、そして、チームの成長にとても重要なことだ。


ビデオは、選手、チームのパフォーマンスをより明確に