『シーズン中に同じ対戦相手ともう一度試合?2度目の相手を分析する方法〜分析しないモノと分析し直さなければならないモノ〜』

スポーツによっては、シーズン中に同じ対戦相手と2回以上試合しなければならない競技も少なくないのではないでしょうか?


これはアナリストにとって、何を意味するのでしょうか。


・1回目に使用した分析は、2回目にも使うことができるのか?

・もう一度完璧な分析をするための時間は十分あるのか?

・2回目の分析は1回目の分析よりも簡単なのか? これらの質問の答えを、フィンランドサッカーリーグで準優勝したFCインテル・トゥルクのアシスタントコーチ兼アナリストであるセルジオ・ルメナラ氏に話を伺いました。


アナリストの方、アナリストを目指している方は、ぜひ読んで頂ければと思います。 セルジオ氏が書いた他の記事

対戦相手を丸裸にする?!主要パフォーマンス評価指標(KPI)とは?(サッカー)


それではいきましょう!!


〜目次〜

試合のタイプと数

選手の移籍とチームの変化

コーチ変更によるチームの変化

その他の変化





分析しないモノと分析し直さなければならないものがある。


セルジオ氏は言います。

「原則として、分析し直さなければならない一連のパラメーターはありますが、全ての事柄を一から分析し直す必要はないと思います。これからお伝えするものは、主観的なトピックであることを念頭に、データはあなたが所属するチームのコーチングスタッフに依存することを頭に入れておいてください。それでは、私が考えるゲームの中で最も重要であると考える側面を紹介していきたいと思います。」



『試合のタイプと数』 2度目の試合となると、対戦相手の【一般的なプレーに関する考えについては知っている】と言っても過言ではありません。彼らがどんなチームであるか、ゲームモデルが何であるかなど、多くの情報をすでに持っていることとなります。 そのような中、私たちは次の領域の分析に焦点を当てています。 前回の試合で何が起こったのか? ・前回の試合での対戦相手のゲームプラン ・前回の試合での自分たちのゲームプラン。 ・計画と構造の間の相互作用。 ・試合中の戦術と行動の変化。 ・何が機能し、何が機能しなかったのか

次に、対戦相手は他のチームに対してどのように試合をしたのか。 ・対戦相手がホーム、アウェイで、どのような展開で試合をしたのか。それらはどのような影響があったのか。 ・ゲームプランの変化とそれによる進化。 ・スコアに応じた変化(勝ち、引き分け、負け)。 ・選手入れ替えによってどのように変化するか。

これらに加え、


対戦相手が私たちと似たゲームモデルと構造を持つチームに直面した時、どのような対応するのかを意識しながら分析をします。




『選手の移籍とチームの変化』


競技によっては、シーズン中に選手の移籍がある場合があります。

これら選手の移籍により、チームに変化が生まれます。 分析をする際、これらの変更を考慮することは非常に重要です。これらの新加入選手によって、対戦相手のゲームプランはどのように変化するのかを調べ、他の選手にどのような影響を及ぼすのかを評価する必要があります。 これは、新加入選手に関する情報だけの話をしているのではありません。また、そのチームを離れた選手のことも考え、1回目の試合とどう違うのかを確認する必要があります。