top of page

タギングウインドウを作成するための10個のヒント

更新日:2023年10月10日


優れた分析を行うために、整理された機能的なボタンテンプレートを設計することは非常に重要です。要するに、タギングウィンドウが整っていない場合、必要な情報を収集するのが難しくなります。試合の要点を分析するためには、対応するボタンがタギングウィンドウにあることが不可欠です。

同じように、タギングウィンドウが整然と整理されていない場合、作業が非効率的になります。つまり、試合中に重要なデータを見逃す可能性が高まります。

この記事では、整理された機能的なタギングウィンドウを作成するための一連のヒントをまとめました。初心者のアナリストから経験豊富なプロまで、どなたでもこれらのヒントに従うことで効果的な分析を行えるようになるでしょう。

では、始めましょう...

 

1. タギングウィンドウ作成のための計画を立てる

タギングウィンドウを効果的に設計するための最初の重要なヒントは、計画をしっかりと立てることです。ペンと紙を手に取り、分析で重要な要素やゲームのどの側面に焦点を当てたいかについて、アイデアを整理しましょう。


試合のどの側面が特に重要ですか?コーナーキック、シュート、フリーキック、ポゼッションなど、何を重要視するかをリストアップし、それに基づいてタグ付けウィンドウのアイデアを考案してみてください。また、自分が見落としているかもしれない分析の側面について、仲間のコーチや同僚と話し合うことも有益です。


この計画段階に時間をかけることで、ソフトウェアを開始した際にスムーズに作業できるようになります。ただし、一度作成したタグ付けウィンドウは編集可能であることを覚えておきましょう。タギングウィンドウは進化し続けるものであり、最適なワークフローに合わせて調整することが重要です。


2. タギングウィンドウ内のボタンの形を揃える、纏める

タギングウィンドウを整理するためのもう1つの重要なヒントは、似た機能を持つボタンに類似色または対照的な色を使用することです。これにより、タギングウィンドウ内でそれらを迅速に識別できます。

たとえば、自チームに関連するボタンと対立チームに関連するボタンは、異なる対照的な色を持つことができます。同様に、トランジションに関連するボタンを、同じカラーパレット内のわずかに異なる色合いでグループ化することもできます。

色を使用してボタンを分類することで、タギングウィンドウがより整然とし、ボタンを簡単に識別できるようになります。これは作業効率を向上させ、分析プロセスをスムーズにします。



3. タギングウィンドウのサイズを変更する

タギングウィンドウのデザインに関して、ボタンのサイズ、形状、色を工夫し、整理された見栄えの良いタギングウィンドウを作成することが大切です。ボタンのサイズを変更して、論理的に配置しましょう。デフォルトのままにせず、ボタンの配置を工夫することで、より活気のあるタギングウィンドウが完成します。

また、タギングウィンドウ自体のサイズも調整できます。ワークフローに合わせて最適なサイズを選択し、使いやすいタギングウィンドウを作成しましょう。ボタンの配置やサイズを工夫することで、分析作業がスムーズに進み、視覚的にも魅力的な結果が得られます。


4. タギングウィンドウの内のボタンを整理する

非アクティブなボタンは、タギングウィンドウ内で有効に使用できるツールです。これらのボタンは、タグ付け中にクリックしてアクションを実行するのではなく、ウィンドウを整理するために利用されます。非アクティブなボタンをタギングウィンドウに配置する方法は主に2つあります。

  1. 見出しとして使用する: タギングウィンドウ内の異なるセクションやカテゴリーに見出しを追加する場合、非アクティブなボタンを使用します。たとえば、セットピースに関連するボタンのセクションに、その上部に非アクティブなボタンを配置してセクションを示すことができます。

  2. 概念のグループ化: タギングウィンドウ内でさまざまな概念をグループ化するために非アクティブなボタンを使用します。大きなボタンを作成し、その上に関連する小さなボタンを配置することで、特定の概念を示します。たとえば、灰色の大きなボタンに「Puckout」、 「Possession」、 「Shots」、 「Discipline」のカテゴリを示す小さなボタンを配置することで、これらの概念をグループ化できます。

非アクティブなボタンは、タギングウィンドウ内の整理やカテゴリーの分類に役立ち、効果的な分析作業をサポートします。


5. タギングウィンドウ内のボタンの繋がりを決める

タギングウィンドウの設計において、順序とロジックは非常に重要です。何度も繰り返し使用される特定のボタンの組み合わせがある場合、それらを効率的にアクセスできるように配置することがタグ付け作業をスムーズに進めるために不可欠です。

たとえば、メインアクション、プレイヤー、良いまたは悪い、ゾーンなどを同時にタグ付けする場合、これをタグ付けチェーンとして考えることができます。したがって、これらのボタンをタギングウィンドウ内で論理的な順序に配置することは重要です。タグ付けチェーンが簡単に認識できるように、関連するボタンを近くに配置することで、タグ付けプロセスが迅速かつ効率的に行えます。

タグ付けチェーンを正確に設計し、タギングウィンドウ内で使いやすく配置することは、分析作業の効率を向上させ、重要なデータを見逃すリスクを軽減するのに役立ちます。


6. タグをより視覚的にする

タギングウィンドウを設計する際、テキストの代わりに画像を使用することは非常に効果的です。特にプレイヤーの名前やフィールドのエリアなどを表す場合、画像を使うことで視覚的な整理が向上し、タグ付け作業が効率的になります。

例えば、プレイヤー用のボタンがある場合、プレイヤーの名前をテキストではなく写真やシャツの番号の画像に置き換えることができます。また、フィールドのエリアにタグを付ける際には、フィールドをいくつかの部分に分割し、各部分をフィールドの特定の領域を表す画像ボタンとして配置することができます。

これにより、タギングウィンドウがより視覚的に洗練され、整理され、タグ付け作業が迅速に行えるようになります。特に複雑なゲームの分析において、視覚的なタギングウィンドウは非常に有用です。




7. ボタンにホットキーの割り当てる

ホットキーをボタンに割り当てることは、タグ付けプロセスを効率的に行うための素晴らしい方法です。これにより、キーボードを使用して素早くアクションにタグを付けることができます。ホットキーを活用することで、タグ付け作業が迅速かつ効率的に行えるようになります。 Nacsportでは合計173のホットキーを割り当てることができますが、必要ないくつかのキーを割り当てるだけでも非常に便利です。たとえば、ショットには「S」、コーナーには「C」、特定のプレイヤーにはその番号などを割り当てることができます。どのキーをどのアクションに割り当てるかは、あなたのタグ付けワークフローに合わせて設定できます。 さらに、キーボードにステッカーを追加することで、ホットキーがどのアクションを表すかを視覚的に明確にすることもできます。これにより、タグ付けの正確性と速度が向上します。




8. ボタンを整理、スッキリとした配置にする

Nacsportのタギングウィンドウ作成ツールは、ボタンの配置と整列を支援するために便利な機能を提供しています。

例えば、グリッドをタギングウィンドウの上にアクティブにすることで、ボタンを整列させやすくなります。また、タギングウィンドウを右クリックすると、「選択したボタンを基準に揃える」といったオプションも利用できます。

これらの機能を活用することで、タギングウィンドウを整然と配置し、見た目をスッキリさせることができます。整理されたタギングウィンドウは、効果的なビデオ分析をサポートするために非常に役立ちます。



9. 除外モードを活用し、エラーを減らす

除外モードは、アクションの時間測定に特に有用です。例えば、ボールポゼッションなどを測定するために、「Team A」と「Team B」という2つのボタンを作成し、どちらか一方がアクティブである場合、もう一方を自動的に無効にするように設定します。これにより、アクティブな方のボタンが作動している時間と、非アクティブな方のボタンが無効である時間を正確に測定することができます。この情報を使用して、ポゼッション時間を計算したり、パーセンテージに変換したりすることもできます。


10. レイヤー分け

ボタンを重ねることで、スペースを上手に使えるようになります。ボタンをスペースに合わせるためにボタンを重ねる必要がある場合、それらが論理的に整理されていることを確認してください。たとえば、前面に「カテゴリー」を表示し、背面に「ディスクリプター」を配置したい場合などが考えられます。

これを実現するには、ボタンを右クリックし、「前面へ/背面へ」オプションを選択します。さらに、Nacsport ProとEliteには「クラスターボタン」オプションもあり、重なっているさまざまなボタンにワンクリックでタグを付けることができます。これは多忙なアナリストの時間を節約する素晴らしいツールです。このツールはiOS用モバイルアプリNacsport Tag&viewでも利用できます。



最後に

これらのヒントは、初めてタギングウィンドウを作成する際に役立つでしょう。Nacsportを始める際に参考にしていただければ幸いです。プロセスやソフトウェアに関する他の質問がある場合は、いつでもお問い合わせください。

まだNacsportのユーザーでない方は、無料トライアルを試してみることをお勧めします。30日間の無料トライアルを提供しており、ソフトウェアを詳しく探求するチャンスです。お気軽にお問い合わせいただければと思います!



 

原文作者:Duncan Ritchie(ダンカン・リッチー)

閲覧数:20回0件のコメント
bottom of page