• Daisuke Matsuura

Nacsport アナリストスポットライト#7 ニュージーランド分析コンサルティングチームPoint9 Analytics 後編

最終更新: 3月13日


前回のブログ

コンサルティングチーム

Point 9インタビューの後編を

公開します!!

*前編は以下から


分析データをどのように使いますか?

また、

コーチとチームマネージャーは

あなたが用意した

プレゼンテーションを使用しますか?


チームに専属している時は、

コーチや選手に直接情報を提示しています。

その配信方法は、

選手のニーズや

レベルに合わせて微調整します。


また、

オンラインで、

選手やコーチと映像を共有したり、

話し合いをすることもあります。


これら分析により、、

彼らは彼ら自身で、

より良い分析が

できるようになります。


より細かく

複雑な分析の一部は

コーチのみに直接配信されます。


その後、

コーチたちは分析データを、

どのように、

ゲームプランに落とすのか、

練習に落とし込むのかを考え、

何を、

どうやって。

伝えるかを決めます。





ゲームを分析する時、

特に何を焦点に当てていますか? 



ゲーム中に起こりうる

すべてのことの

統計情報を取得し、

それらの数値を見て、

必要に応じて

特定の領域に

集中するようにしています。


分析ビデオでも同様に、

ゲームの重要な瞬間を

記録するためのコードは

何が起こったのか

次の試合に

何が必要なのかによって、

調べる必要があるもの

は変わって行きます。


これらコードは

選手/コーチ主導で

作られる場合もあれば、

私たちの様な分析専門家が

作る場合もあります。





対戦相手チームにも

焦点を当てていますか?


はい、私たちは間違いなく対戦相手チームを見ています!





チームはあなたの仕事から、

どのような利益を

得ることができると思いまか?

クラブのメンタリティに

長期的なメリットはありますか?


私たちは、

様々なレベルのチームと

共に仕事をしていますので、

チームによって違ったメリットがある

と思います。


たとえば、

分析に精通している

Central Pulseと

仕事をさせて頂いた時は、

かなり専門的なデータ分析と

広範な知識データを

提供することができました。


私たちの情報には

価値があったと思っています。

(願っています!笑)。


今年2つの

セントラルチームが

ANZチャンピオンシップと

Bekoチャンピオンシップの

両方で優勝しました。


私たちのデータが

うまく使用して頂けのかな

と思っています!


一方で、

フィジー代表チームに対しては

これまで分析を経験したことが

なかったため、

彼らには、

分析規律を紹介し、

彼らに新たなパフォーマンスの

測定法を示し、

レビュープロセスを紹介しました。


プレイヤーから

素晴らしい賛同を得て、

ワールドカップの終わりまで、

統計データを読み取り、

ビデオレビューを行いました。

彼らが学んだことを、

次世代のプレイヤーたちに受け継いでくれたら

良いなと思います。





分析の仕事をどう感じていますか?

何に苛立ちを感じますか?


私たちは

現時点では、

満足をしています


しかし、

私たちができること、

そして、

何かを行うための

新しい方法

常にたくさんあります!


私たちのビジネスの仕組では、

国/世界中のチームと

リモートで

仕事をしていることが

多いので、

現時点で

最も苛立ちを感じることは

選手が納得するために

最も適したをオンライン共有法を

見つけだすことです。


対話形式のダッシュボードで

オンライン共有できれば、

間違いなく、

より効果的になると思っています。





プレーヤーやコーチは

あなたたちの分析作業に

「納得・賛成」されていますか?


はい、

私たちの仕事に100%賛同し、

選手に伝える

手助けをしてくれる

素晴らしいコーチと

一緒に仕事ができて

とても幸運だと思っています。


分析に慣れていない選手は、

一般的に学習に対して

非常にオープンです。


一方、

セントラルゾーンで

協力してきた経験豊富なプレイヤーは、

分析がもたらす価値を理解し、

評価していることがわかりました。


しかし、

常に本能的にプレーすることを

好むプレイヤーやコーチもいます。


彼らは

私たちのサービスに

耳を傾ける傾向がないことも現実です。


これらは、

Point 9 Analyticsを

立ち上げた動機の一部でした。


業界内の情報と、

提供できる分析データを

本当に求めていた人々と

協力したいと思ったのです。





分析やプレゼンテーションで

他のツールを使用していますか?

(KlipDraw、Tag&view、Sharimgなど)


NacSport Proと

同様にTag&Viewを使用します。


次に、

統計にexcelを使用し、

オンライン共有に

Coach Logicを使用します。





外部データプロバイダーを

使用していますか?


いいえ、

私たちは自分たちで

データをすべて収集します。





あなたのスポーツ(ネットボール)では

アナリストの役割を

どのように見ていますか?


現在、

アナリストを持った

ネットボールチームは

数多くありますが、

予算が少ないチームの場合、

分析は優先順位リストの中でも

低い位置にあるため、

多くのチームが

ボランティアや

インターンを使用したり、

また、

まったく使用していない

チームもあります。


一方で、

ランキングの低い国際チームから

パフォーマンスの高い学校まで

分析が一般的になっている事があります。

そのことは、

とても素晴らしい事だと

思っています。


私たちは

この分野で

「成長する大きな可能性がある」

と思っています。


なぜなら、

分析がプレーヤー・コーチにとって

有益であると信じているからです。


ネットボール界の

実際のアナリストの役割に

関しては、

非常に多様性がある

と思います。


例えば、

スポーツ科学に焦点を当てたり、

ビデオに焦点を当てたり、

コーチングの背景に焦点を当てたり、

プレイヤーに焦点を当てたり

などなどがあります。


Point 9では、

私たち3人全員が

非常に異なる背景から

来ている事から、

全員違った見解と

強みを提供する事ができています。


それらは、

非常にユニークな

アプローチだと信じています!






Nacsportに

新しい機能を

1つ追加できるとしたら

何ですか?


複数のライセンスを

購入しなくても、

対話形式のダッシュボードを

オンラインで

簡単に共有できるようにする事

だとと思います。



ーーー以上でインタビュー終わりーーー

如何だったでしょうか? 世界で少しづつですが

分析が浸透してきています。 皆様も如何でしょうか?

14回の閲覧

株式会社ジェイ・エス スポーツ事業部 〒154-0011 東京都世田谷区上馬4-2-5  電話:03-5432-6262 support@nacsport.jp